ノウハウを見つめ直すと、「知識デザイン経営」になる

「知識デザイン経営」は自身の造語で、ユー・ビー・コンサルティングのメインテーマです。付加価値として、デザイン/アートのセンスでモノづくりを志向する経営者の方をサポートします。経営+マーケティング専門の視点から提唱するビジネスモデルです。

それは「知」を“差異”構築することです

ご提案サマリー

自社はなぜこのまま下請け業態でいるのか?

自社は今何かしないと売上確保に後がない、なぜこうなった?

自社は真に魂を込めてモノづくりをしているが、なぜファンが増えない?

自社製品は機能と品質が優れているのに受け入れてもらえない、なぜ?

自社製品に過去とは全く異なる成長策や展開案はあり得るのか?

「知識デザイン経営」は「経営+デザイン/アート」の融合を提唱しています

「デザイン/アート」は商品の個性を表現し、オドロキ、新体験、共感を与えます
企業の持つ「知」からスタートします

だから「知識デザイン経営」はモノづくりに「コトづくり」を付加します

だから「知識デザイン経営」は創造力と変身力がベースになっています

だから「知識デザイン経営」は新体験と共感を生み出すモデルです

『“美しい”商品創ろう、日本の会社。』

実証できるお手本となる企業は

こちら→

当モデルの背景「これまでのあらすじ」は

こちら→

新モデルの定義

- 経営トップの理念と主導により

- 蓄積した「知」(技術やノウハウ)を“差異”構築し

- 顧客やユーザーに「モノ+コト」を提案するため

- 商品に「デザイン/アート」のセンスを取り込み

- 開発から製造、販売、サービスに至る一連のプロセスや

 システムを総合的にデザインし

- かつてない「オドロキ、体験、共感」を生み出す

- 創造的モノづくりを実現する

想定しているクライアント様

●既存の商品の開発技術は高く、業務改善の経験も多く、更に新たな商品を目指したい

●自社商品の品質は高いが、競合や価格面等で、今後の成長に多くの不安がある

●自社商品の固有の特徴や強みを、ブランド化して長期にわたり成長できるものにしたい

●下請け形態の本業とは別の分野を広げる、きっかけを作りたい

 

お知らせ

→→各詳細はこちら

ブログ:「経営コンサルタントの発見・発想」 - 見えないコトが、見える人。-

2015年11月から2016年4月までこのタイトルでブログを掲載しました!

 

講師2015年6月10日、明治大学リバティアカデミーにて「アイデアでIT活用できない経営者を斬る」というテーマで講習会を行いました!

 

展示:2014年11月13日-14日、「第18回いたばし産業見本市」にJMCA経営コンサルティングチームとして出展しました!

 

講師:2014年11月5日、明治大学リバティアカデミーにて「アイデアでIT活用できない経営者を斬る」というテーマで講習会を行いました!

 

研究4月から「企業の創造性開発」をテーマに、かつてないプログラムの研究を実施しました。多摩美術大学との共同研究です!プロトタイプによる試行も行いました!

 

講師:「中小企業経営革新塾」(大田区産業プラザPIO)を2014年2月19日に実施しました!

 

寄稿:独自テーマ「知識デザイン経営」が月刊誌に連載されました!

 

支援:作成支援(監修)しましたe-ラーニング教材「ロジカル・シンキングコース」がアップされました!

ひとことボード

ひとことボード
ひとことボード

経営コンサルタントは何をやってくれる?

●具合の悪いところを医者のように聴きだし、診断し、アドバイスします。

●どうしたらよいかを提言し、実務を行う場合もあります。

経営コンサルティング

コンサルティングで何が変わる?

第三者の視点で、自社が気づいてないことや、既存の問題からより潜在的なことを発見できることもあります。

経営資源が良質化していきます。

コンサルタントなしでもやっていけるように、活動を「まねぶ」ことができ、体質が変わっていきます。

コンサルタントを使いこなす!

外部の「考えるアタマ」を効果的に使いこなしてください。

明確な依頼内容がキーです。

コンサルタントの活用

(*参考:「発展し続ける企業の“秘密”の道」今井信行著 グロマコン出版局)