2軸マトリックスで差をつける

論理思考を活用しながら、改めて2軸マトリックスのことをいろいろ考えてみました。

2軸マトリックスは、いわゆる「ポジショニング」を考えることなので、現状分析に使えます。また対象となるものの位置づけを他と比較したり、現在の位置から今後のことを考える流れや戦略を想定することにも役立ちます。

使い方によっては非常に強力なツールで、資料やプレゼンテーションに差をつけるのに有効です。

 

縦軸と横軸をクロスさせて、物事を4分割で考えることは、やってみると、とてもシンプルで取り組みやすいものです。

PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)やSWOTも4つの事象で分けて戦略を考えていきます。

キャッシュフロー・クワドラントと呼ばれて、かつて話題になった図があります。これも4分割の枠組みで、働き方やお金を稼ぐことをシンプルに表現していました。

視覚的に表現や説明がうまくできるため、説得力が増すことがよく分かります。自身の頭の中もきれいに整理できるでしょう。

 

このマトリックスを利用するとき、まず最初に考えるのが、縦軸と横軸を何の項目にするかということです。つまり評価基準のことですが、ビジネスの世界では定量的、定性的な項目が思い浮かびます。

価格やコストが高い、安い、品質が良い、悪い、など様々です。高い・低い、多い・少ない、大きい・小さいなど、対比できる項目なら大抵当てはめることができます。また定量項目と定性項目の組み合わせもあります。

しかし、選択する項目によって対象の「ポジション」が変わるので、表現や印象が左右されます。

 

何回も使いながら慣れてくると、項目の選択がうまくなってくるでしょう。結果的に「重要なこと×急ぎのこと」を考慮すれば、かなり精度の高いマトリックスが描けるのではないでしょうか。

これは優先度を決める4分割(急ぐ・急がない・重要・重要でない)を指針として活用するということです。

 

補足ですが、一般的にグラフというのは、左や下がマイナス、右や上がプラスを表します。2軸マトリックスを定量項目で表すときは、それに合わせる方が違和感がないでしょう。

 

世の中や頭の中を「4分割する」のは不思議で面白いものです。

お知らせ

→→各詳細はこちら

ブログ:「経営コンサルタントの発見・発想」 - 見えないコトが、見える人。-

2015年11月から2016年4月までこのタイトルでブログを掲載しました!

 

講師2015年6月10日、明治大学リバティアカデミーにて「アイデアでIT活用できない経営者を斬る」というテーマで講習会を行いました!

 

展示:2014年11月13日-14日、「第18回いたばし産業見本市」にJMCA経営コンサルティングチームとして出展しました!

 

講師:2014年11月5日、明治大学リバティアカデミーにて「アイデアでIT活用できない経営者を斬る」というテーマで講習会を行いました!

 

研究4月から「企業の創造性開発」をテーマに、かつてないプログラムの研究を実施しました。多摩美術大学との共同研究です!プロトタイプによる試行も行いました!

 

講師:「中小企業経営革新塾」(大田区産業プラザPIO)を2014年2月19日に実施しました!

 

寄稿:独自テーマ「知識デザイン経営」が月刊誌に連載されました!

 

支援:作成支援(監修)しましたe-ラーニング教材「ロジカル・シンキングコース」がアップされました!

ひとことボード

ひとことボード
ひとことボード

経営コンサルタントは何をやってくれる?

●具合の悪いところを医者のように聴きだし、診断し、アドバイスします。

●どうしたらよいかを提言し、実務を行う場合もあります。

経営コンサルティング

コンサルティングで何が変わる?

第三者の視点で、自社が気づいてないことや、既存の問題からより潜在的なことを発見できることもあります。

経営資源が良質化していきます。

コンサルタントなしでもやっていけるように、活動を「まねぶ」ことができ、体質が変わっていきます。

コンサルタントを使いこなす!

外部の「考えるアタマ」を効果的に使いこなしてください。

明確な依頼内容がキーです。

コンサルタントの活用

(*参考:「発展し続ける企業の“秘密”の道」今井信行著 グロマコン出版局)